ウォールナットを使用したアンティーク家具

ウォールナットの特徴

アンティーク家具に使われる素材は色々ありますが、世界三大銘木の中の一つが「ウォールナット材」になります。ウォールナットは16世紀から17世紀にかけてよく使われていた木で、昔から高級家具の素材として利用されてきた素材です。特徴的なのが赤茶色の木目で、温かみや柔らかさがあります。これは、ウォールナットがゆっくり時間かけて成長するためで、木目が細かくしまったものになっていることで歪みや収縮も少なくなっています。 また、細かい細工や彫刻などが施しやすいため、美しい彫刻がされたアンティーク家具がありますが、華やかな装飾をしなくてもその木目自体に華がある美しさのためその木目を活かした家具も多く作られています。

取り扱う時の注意点について

ウォールナット材は堅いため、ネジを締めたり釘を打ってもしっかりと固定できるため頑丈な家具を作るのに向いています。例えば、日常的によく使う椅子などの家具に向いており、ペイントなども塗りやすいことから流行していたロココスタイルの金箔貼りをした家具にもよく使われていた素材になります。このように頑丈で加工のしやすい素材ではありますが、害虫にあまり強くないという特徴もあります。 そのため、アンティーク家具としてウォールナット材のものを利用したいという場合には、虫食いには注意が必要です。また、紫外線にも弱いという特徴があり、日が当たるとどんどん色が濃くなっていくため、紫外線対策やケアを怠らないように気をつけましょう。

© Copyright Nice Antique Furniture. All Rights Reserved.