アンティーク家具を使うデメリット

現代的な室内に取り入れにくいものもある

アンティーク家具の中には、デザインや素材などにこだわった趣のあるものが数多くありますが、特に、製造年数が古いものについては、現代の一戸建てやマンションなどに配置しにくいものもあります。中でも、食器棚や本棚、箪笥などの大きいサイズのアンティーク家具については、設置場所や取り付け工事の必要性について考慮しながら商品選びをすることが大切です。また、室内の広さや雰囲気などに合う商品選びたい場合には、多種多様なアンティーク家具の取り寄せや展示販売などに対応をしている店舗を探してみましょう。最近では、インテリアの初心者も使いやすい椅子やソファなどの小さいサイズのアンティーク家具を扱っている店舗も増えており、購入後に効果的な使うために、じっくりと人気商品の特徴を調べることがおすすめです。

メンテナンスに手間が掛かることもある

アンティーク家具の中でも、デリケートな木材が使われているものや、複雑なデザインが施されているものは、家庭内でのメンテナンスに手間が掛かることがあります。そこで、アンティーク家具をできるだけ長く使いたい時には、耐久性の高さやメンテナンスの方法などに注目をして、扱いやすいアイテムを見極めることがおすすめです。また、年代物のアンティーク家具については、金属部品が錆びていたり、汚れが目立ったりすることがあるため、購入時に様々な家具の知識を持つスタッフにメンテナンスの相談をすると良いでしょう。なお、アンティーク家具を専門に扱う店舗の中には、購入から数年間の無料のメンテナンスのサービスを行っているところもあり、初めて本格的な家具を購入する際にも安心です。

© Copyright Nice Antique Furniture. All Rights Reserved.